上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


最近、DIYという言葉をよく耳にしますが、
それに伴って古家を
自分でリフォームをして住みたいという声をよく聞きます。

何を隠そう、私自身もセルフリフォームに憧れて、
夏の2ヶ月間、すべての休みを使って貸家をリフォームし、
ようやく来週、無事に引越を迎える運びとなりました。

途中、思わぬ修繕箇所が見つかったり、体調を崩したりと
とても一筋縄ではいかないリフォームでしたが、
周囲の助けを借りながらここまでこれた事に感無量といった心境です。

そんな2ヶ月ほどの体験でしたが、素人の視線で見たリフォームの
ポイントを紹介させて頂こうと思います。


☆その家が予算内、期間内にリフォームできるか

おそらくこれが一番大事なポイントだと思われます。
私の場合は軽い気持ちで何かいい雰囲気だから
ここにしようと決めてしまったのですが、

そのとき思っていたリフォームのイメージと
実際に必要だった作業があまりにも
かけ離れていたため、想像以上の苦戦を強いられました。

検討中の家をリフォームして住もうと思う前のチェック箇所を挙げてみました。

【畳】
湿気が多い家の場合、畳表だけでなく床を換えないといけない場合が。

【床、フローリング】
くまなく踏んでみて柔らかい所はありませんか?

【ガス器具】
給湯、追い焚きなど、付いていても壊れていて使えない場合が。

【水回り】
台所、トイレ、風呂場など水を出してみて漏れたり詰まったりしませんか?

【ドア、サッシ関係】
意外と高いので破損箇所や動作のチェックを。

【屋根、外壁】
塗替え時期に来ていませんか?
特に痛んでいる箇所は即雨漏りにつながるので要注意です。
補修、塗りなおしの覚悟を。

【ゴミ】
意外と軽視しがちですが、
屋内、屋外にあるゴミ、庭木の剪定をした際の草木、
リフォーム時に出る廃材などは処分先が複数になる事もあり、
かかる手間も費用も予想以上なので、ゴミの事は
常に念頭においておいた方が良いと思います。

【予算、期間】
リフォームは、予想以上にお金と手間(やる気)がかかります。

毎週の休みを完全にリフォームにあてても、予想外の用事や、
ふとやる気が無くなってしまう時もあったりします(笑)

また、リフォームを進めていくうちにやっぱりトイレを換えようとか
庭にコンクリートを敷こう、芝生を植えよう、物置を置こう・・・

意外な出費は必ずと言ってよいほど出ると思いますので、
予算やリフォーム期間は大分余裕を持たれることをおすすめします。


以上、だいぶアバウトではありますが、
素人の目で見たリフォーム時の注意事項でした。
最後に、予算に余裕がある場合は
思い切ってプロの力を借りることをおすすめします。

私の場合は大工さん、サッシ屋さん、左官屋さんに
一部(大分?)お手伝いをして頂きましたが、
やはりプロの仕事は速くて丁寧なので、出来栄えはもちろん、
工事期間の短縮にもつながります。

セルフリフォームは本当に大変ですが、
大変な思いをした分だけ家に愛着を持って住めることが
何よりの利点ではないでしょうか。

上記の内容をもう少しわかりやすくホームページに
アップしようと思いますので今しばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト


朝、会社に来てすること。

昔と比べてずいぶんと変わりました。
当時はパソコンこそありましたが、今ほど活用は出来ておらず、
必要なときに使うだけでした。

ところが今では

朝一番にパソコンの電源を押し、
メールチェックに始まり、
前日のホームページのアクセス解析をした後、
CSSに登録しているニュースやブログに目を通すところまで、
すべてパソコン。

特にCSSは重宝していて、
各新聞社毎の主要記事、地元神奈川のニュース、経済、海外、
不動産会社の経営者の方他、毎日チェックしているブログも併せて
本当に効率よく情報を入手する事が出来るようになりました。

あまりパソコンと接する時間が長いので、
新聞や本を読んだり、コーヒーを入れたりという
アナログな動作が妙に大事に思える今日この頃です。




普段は地元周辺での仕事が多いため、
電車に乗ることはあまりないのですが、

先日、地主さんとの話し合いで
往復で2時間ほど電車にゆられて来ました。

その車内の吊革広告を見て思ったこと。

所狭しと垂れている吊革広告を見ると
週刊誌を筆頭に、お菓子、お酒の新製品、
英会話、予備校、就職関係にケータイ、
各社消費者金融と実にさまざま。

久しぶりに見た吊革広告でしたが、
私が電車で通勤していた頃と比べて
圧倒的に増えたのが、ケータイと消費者金融。

今の日本を象徴しているようにも思えます。


どこで聞いたかは忘れてしまいましたが、
電車の吊革広告というのは
日本独自のものだそうです。

諸外国曰く、なぜ電車の吊革に
広告をつける必要があるのかと。

たしかに、今の日本は身の回りの雰囲気や景観より
実質的な経済効果を求める傾向にあるようです。


帰りの電車の車窓からも
壁一面に広告を貼ったマンションが。

鎌倉や逗子では、近年施行された「景観法」に伴い、
建築物を建てる際の色使いなどを制限するようになりました。

長い目で見れば、
豊かな自然や魅力ある街並みを守ることが
私たち不動産業者の利益につながることを
忘れないでいたいものです。




今朝、メールチェックをすると、賃貸物件のお問い合わせが。
早速内容を見てみると、住所欄に「海外ベルギー」と。

海外から問合せを下さる方のほとんどが、海外赴任から帰国される
大企業にお勤めの方。

過去にもアメリカ、オハイオ州のクリーブランドや香港といった国から
メールを頂き、住まいのお手伝いをさせて頂きましたが、

やはり何年も海外生活をしている方というのは、
短期の旅行では感じる事のできない
その国ならではの体験や、自分には持ち合わせていない視点を
お持ちの方が多く、

お会いして話を伺う度に、驚いたり、感動したりと
ついつい接客を忘れ、話を聞く事に没頭してしまいます。

クリーブランドの厳しい寒さや、
香港では1000円でオーダーメイドのスーツが作れる話など、

何年経ってもあせることなく記憶に残っています。

そして今回はベルギーからのお客様、

いったいどんな話を聞かせていただけるのか、
(話をしに来るわけではないのですが・・・)

今からとても楽しみです。


今逗子の話題をひとり占めのアカウミガメですが、
一昨日の夜、ようやく無事に生まれてきてくれました。

結論から言うと、私が見れたのは足跡だけで、赤ちゃんを見ることは
出来なかったのですが、小さいながらも右往左往している
無数の足跡を見れただけでも、元気良く海に向かって行った
ウミガメの赤ちゃんたちを想像するには十分でした。

無事に孵化してくれたことはもちろんうれしいのですが、
ここ1週間の寝不足から開放された事が何よりうれしい今日この頃です。

それはさておき、今夜から明日の朝にかけて台風9号が
関東に上陸するようですが、

砂の中に残った他のカメ達と
当社で管理しているアパートが心配です。


今日は朝一番で賃貸アパートの立会いに行って来ました。

昨年末に入って頂いたばかりの方だったのですが、
お仕事上、急きょ転勤になってしまったそうで、
すごく気に入っていたのにと、とても残念がっておられました。

お伺いしてびっくりしたのは、まるでハウスクリーニングを
かけたかのように室内がキレイだった事。

ご本人からの申告で、引越をした際、
業者が破損させてしまったという部分を除いては、
他に何もしなくてもいいのではと思うほど
キッチン、バス、トイレにいたるまでピカピカになっていました。

契約上、退去の際にハウスクリーニングをかけることには
なっているのですが、これではクリーニングのかけ様が無いので、
今回は簡単な手直しだけになりそうです。

入居者様からこの様な状態でお引き渡しを頂くと、損得の話以前に
本当に気持ちがいいものです。

おかげで朝から清清しい気分にさせて頂きました。

もしまた帰ってきたら
またここでお願いしますと言って頂きましたが、

こちらこそ、ぜひまたよろしくお願い致します。




室内より松越しに田越川を望む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。